社会福祉法人 聖救主福祉会 深川愛の園

ページの先頭に戻る

「毎日」が、より良くあるように。

お知らせ

いいね❤愛の園 いいね❤愛の園2019年7月掲載分

2019.08.05

4月に特養に配属され、3,4か月が経ちますが、知識も技術もまだまだの私。そんな私に入居者様がある日突然「あなた(介護が)うまいわね!」と驚いたように言ってくれました。嬉しくて、その言葉を糧にもっともっと頑張ろうと思いました。

特養  Iさん



(4月入職職員)普段は5Fで働いています。他の階の入居者の方とは話したことがほとんどありませんでした。初めての入浴介助の日、他の階の方々と会い、話しかけると、笑顔で答えてくれました。新人の自分を受け入れてくれたように感じて、とても嬉しかったです。

特養 Tさん
いいね❤愛の園 いいね❤愛の園2019年6月掲載分

2019.08.05

デイサービスをご利用されているN夫婦。時間のあるとき、ご主人が奥様の肩をトントンとたたいておられます。私が「仲が良いですね」とお声掛けすると「仲が良い訳じゃないよ。当たり前のことよ」と返答がありました。肩たたき=夫婦の触れ合いの時間でもあると思います。奥様80代、ご主人90代!いつまでも仲良しで。

デイ Yさん



さざんかご利用者とあじさい見物に行った時。50m以上続くあじさいを見て、「こんな素敵なあじさい初めて見たわ」ととても喜んで下さいました。新鮮な感情を味わって頂いた事、とても嬉しく思いました。これからも、季節を感じられる場所へ沢山出掛けたいです。

デイ Yさん
いいね❤愛の園 いいね❤愛の園 2019年5月掲載分

2019.05.23

4月に特養からデイサービスに異動となり、今現在はさざんかの勤務です。さざんかは少人数ということもあり、利用者さんとかかわる時間が多く、個人の得手・不得手が分かりやすいです。プログラムもたくさんあり、利用者さんとの距離感の近さがとてもいいなと思いました。

デイ Kさん

まだ入職2か月目の僕は、とにかく利用者様との会話を大切にしようとコミュニケーションを図ることをがんばっています。ある日利用者様とお話していると「君はこれからすごく伸びるよ」「本当にやさしいお兄さんだね」といってくださいました。これからもっとがんばって、利用者様に頼ってもらえる介護福祉士になろうと思いました。

デイ Nさん
いいね❤愛の園 いいね❤愛の園 2019年4月掲載分

2019.05.09

今年は葛西橋通りのモクレンが咲きませんでした。
理由は不明。
幸い新芽は出て、今は青々とした葉を繁らせています。
今年はエネルギーをたくわえる年なのかもしれません。
来春、また春を告げる白い花々が見られることを願います。

                            Wさん

4月から、インドとベトナム出身の方が入職しました。
愛の園も国際化しています。
笑顔のすてきな彼ら、入居者さんたちからすでにかわいがられています。

                            Wさん
いいね❤愛の園 いいね❤愛の園 平成31年2月掲載分

2019.03.04

私が半袖でいるのを見て、特養入居者S様が「あなた寒くないの?」とお気遣いくださいました。
大丈夫な旨お伝えすると、「私はお腹が寒いの」とご本人はお腹が空いた、との表現のご様子。
おにぎりや焼き芋が大好きなS様らしいお言葉に思わず笑ってしまいました。

                                 Sさん
 
足の痛みで歩けなくなってきたとおっしゃいながらも、食堂内を杖歩行でリハビリをされているデイサービス利用者のN・A様。
弱音を吐かず頑張るお姿に職員も励まされています。

                                 Tさん
 

いいね❤愛の園 いいね❤愛の園 平成31年1月掲載分

2019.02.14

奥様の体調が悪くなってしまったデイサービス利用者のA様。
「どんな人ですか?」と職員がお尋ねすると、「かけがえのない人です」と。
A様の愛を感じました。

                             Wさん

事務仕事をしていてふと外を見ると、とてもきれいな夕日が見えました。
建物は真っ赤に染まり、逆光で庭の木々や草花はまるで影絵のように見えました。
深川愛の園で見られる美しい景色に、喜びを感謝を感じました。

                             Yさん
いいね❤愛の園 いいね❤愛の園 平成30年12月掲載分

2019.02.01

4月に深川愛の園からふれあいセンターに拠点を移し、あっという間に年末を迎えました。
ご相談いただく機会も増えていますので、多くの方に認知していただいているのかなと感じています。
今後も地域に根差した地域包括支援センターを目指して頑張っていきたいと思います。

                                      Uさん

包括の広報活動の一環として「深川だより」という機関紙を作成しており、発行開始から約1年が経過しています。
実際にご覧になった方々より「良いね!」と声をかけられる事もあるので着実に浸透しているなと実感しています。

                                      Tさん
いいね❤愛の園 いいね❤愛の園 平成30年10月掲載分

2018.10.29

職員から「お手伝いをお願いできませんか?」と声をかけると、「私、やろうか」と配膳やプログラムのサポートをしてくださるデイサービスご利用者T・S様、いつもありがとうございます。
お手伝いの仕方もきれいで、頼りにさせていただいております!

                                    Tさん

ご自宅で仕上げられた塗り絵などの作品を、施設に展示してほしいとお持ちくださるデイサービスご利用者I・A様、T・K様。
展示する作品がどんどん新しいものになって、室内が明るくなり、みんな喜んでいます!

                                    Tさん
いいね❤愛の園 いいね❤愛の園 平成30年9月掲載分

2018.10.01

食事の配膳車が来る頃になると、車椅子をご自身で操作されて、バケツの下に敷く新聞紙を日課のように用意してくださるデイサービスご利用者I・A様。
いつもありがとうございます!
                                    Tさん

さざんかご利用者のM様が隣に座った実習生の男性に何かを伝えようと満面の笑みで話しかけられる。
しかしお声が小さく聞き取りにくいようで、その実習生は何とか聞き取ろうと必死な様子。
そんな二人のやり取りを見て、初々しくていいな、とホッコリした気分になりました。

                                    Sさん
いいね❤愛の園 いいね❤愛の園 平成30年7月掲載分

2018.08.01

日中はほぼお部屋で休まれている特養入居者T様に、「たまに出前を取ってお昼ご飯を食べる会というのをやっているのですが、良かったら今度いかがですか?」の誘いに「本当?私、うなぎが好きなの。」とのこと。
「日にちが決まったら連絡しますね。」とお伝えすると、今までにないとびっきりの笑顔で「うれしい!待ってます!」と答えてくださいました。

                                      Sさん

出前を取ってお昼ご飯を食べるお話をしていると、こちらの話が終わった時に今回はお誘いできなかった特養入居者K様と目が合い、K様が笑顔で「大丈夫よ、聞かなかったことにしてあげる。」とおっしゃる。
出前のことは小さな声で話していたが、「ごちそうの話は耳に入ってくるのよ、アハハハ」とのこと。
次はお誘いする約束に「待ってるわね。」とおっしゃってくださいました。

                                      Sさん