社会福祉法人 聖救主福祉会 深川愛の園

ページの先頭に戻る

「毎日」が、より良くあるように。

法人概要

社会福祉法人 聖救主福祉会について

聖救主教会

 聖救主教会は、1887年(明治20年)に英国の宣教団体が富岡門前仲町で伝道を開始したことにより誕生しました。当初から地域の貧しい子どもたちのための教育や医療の活動を展開し、100年以上にわたり、この地において神の愛の実践に努め、地域への貢献を重視した宣教奉仕を行ってきました。

 第2次世界大戦後、高度経済成長の波が押し寄せてからは、宣教方針の柱として「地域に仕える」ことを掲げ、深川勤労青少年センター(後にまこと地域センターとなる)、キッドスクール(幼稚園)、まこと保育園、ライト学童保育等の事業を通して、地域の福祉向上を願い、地域の人々(特に弱い立場におかれた人々)の善き隣人となるように努力してきました。

 深川愛の園は、少子高齢化が大きな社会問題となる1990年代初めに「神様の守りと導きの中で、赤ちゃんからお年寄りまでいろいろな人が一つ屋根の下で暮らせるように」と計画され、地域の総合福祉センターとなることをめざして、1999年4月より事業を始めました。

理事長挨拶

理事長 石郷岡 和彦

 聖救主福祉会は聖救主教会が母体として生まれた社会福祉法人です。聖救主教会のモットーは地域に「奉仕する」としています。したがって当法人のモットーは神の愛を通して弱い立場の幼児やお年寄りに奉仕をすることを念頭に置いています。私ども人間は、今日という日をあるがままの姿で神に生かされています。この大きな「恵み」を多くの人と共に分かち合いたいと思っています。したがってまこと保育園においては、幼児教育は幼児自身の持って生まれた個性や才能を大切にしながら、のびのびとはぐくみ育てることを大事にしています。

 深川愛の園や善福寺愛の園においては、お年寄りがあるがままの姿で、家庭におられるような雰囲気の中で、喜びの日々の生活が送れるよう配慮致しております。特養、ショートステイ、デイサービス、居宅介護支援、長寿サポートセンターなどのそれぞれの事業においても特色ある事業展開をめざし、みなさまのご要望に沿えるよう職員それぞれが真剣に取り組んでおります。今後も介護サービスの向上や接遇面の改善をめざして、皆様に気軽にお越しいただける施設として努力してまいります。

聖救主福祉会の理念

理念
私たち聖救主福祉会は、キリスト教の神の愛のうちに、すべての人をかけがえのない存在として尊重し、仕え、喜びを共にしつつ、共に生きる人々に奉仕します。
基本方針
私たちは、子どもからお年寄りまでが喜びをもって集う場を作り、質の高いサービスの提供を通して地域の人々のために事業を進めます。
行動指針
  • 子どもひとり一人の個性・能力を尊重し、豊かな人間性をはぐくみます。
  • ご利用者ひとり一人の尊厳を守り、充実した人生の日々を支えます。
  • ここに集う人々と共に学び、共に成長します。

情報公開